屋根塗装の施工から完工まで

ご自宅の屋根の状態は意外と知らないものです。ご自分での点検やメンテナンスは転落事故などもありとても危険です。また素人目には絶対にわからない劣化が存在します。屋根の塗装や工事を怠ってしまうと、雨や水の浸入の可能性があるだけではなく、知らない間に水分が建物に染込み、気づかない間に建物の寿命を短くしてしまっているケースがよくあります。屋根はそれほどに建物にとって重要な箇所です。きよしホームでは『点検や査定から施工にいたるまですべて職人が一貫して実施』いたしますのでご安心ください!

屋根はコケ・カビなどが実は大量に発生している場合が多いです。画像の屋根に黄色く付着しているものがそれです。それらをすべて、高圧洗浄で除去していきます。屋根の場合、勾配があり、高圧洗浄の際はコケなどが濡れると非常に滑りやすくなっているので、足元に十分注意します。また、周りの建物やお宅へ水が飛散しないよう注意しながら施工していきます。

屋根のトタン部分は「目粗し・ケレン」といって、あえて細かな傷をやすりで付けていき、深い汚れや塗装材との密着性を通常よりも高るために行います。
さらに、トタンのつなぎ目部分などのシール部分を全て打ち替えていきます。
一番過酷な条件下に置かれている屋根は、特に劣化が激しいので、徹底的に下地処理を行っていきます。


屋根の場合、トタン部分には錆止めを、コロニアル部分にはシーラーを塗装していきます。
これはもともと材質が違う為、素材に合った下塗材を選定していきます。
下塗りが完了したら、「タスペーサー」というものをはめ込んでいきます。
これをはめ込まずに塗装してしまうと、瓦と瓦の重なり部分に塗料がたまってしまい、
中の湿気が外に逃げられなくなってしまいます。

外に出れない湿気は、やがて行き場を失い、部屋内に侵入し、雨漏れ・結露などの問題が発生してしまいます。

下塗りが完了したら、上塗りを2回塗装していきます。
屋根は周辺への飛散に気を配りながら、塗装をしていきます。
また、塗りたての場所に乗ってしまうしまうと、滑ってしまい、とても危険ですので、気を抜かずに施工していきます。

いよいよ仕上げの上塗りです。上塗りが完了した後でも、きよしホームはここでも絶対に手抜きしません!最後にお客様にしっかりと『出来栄えの確認』を行っていただいております。お客様が気になる箇所があれば修正いたします。
一つ一つの工程を丁寧に、こだわりを持って作業させていただきます。屋根は建物にとって本当に大事な部分です。「ただの塗り替え」ではなく、『新築の時以上の防水力』を心がけて施工させていただきます!

褒めてくださるお客様もいらっしゃいます。多数の建物に携わらせていただいております私たちですが、毎回この時には感動してしまいます。

更新日:

Copyright© 外壁塗装のきよし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.